タチウオ5回目@いなの丸は何とか。。。

11月某日

 

前回の不甲斐ない釣果(4回目の船タチ@いなの丸はコテンパン)に

またまたリベンジ魂がメラメラと

仕事も落ち着きましたので有給を貰い

いなの丸さんにお世話になりました。

 

竿頭さんには遠く及びませんでしたが

自分としては課題残るも、まぁ納得の釣行!

 

 

●釣行

釣座は左舷の大ドモ

左舷5名、右舷もそのくらい?で出航となりました。

ゲン担ぎでカツ丼(ハーフサイズ)

 

前日シケのため一通りポイントを回って反応を探すとのことです。

 

第一ポイントは走水沖

モーニングサービスを期待しますが

あれ…

全くあたらず。

 

ミヨシ側では1~2本取り込まれていましたが

私は1カジリのみ。

目標20本でしたが10本に下方修正。

 

何度か流し直ししてくれましたが

1時間ほどでヨシ船長はポイント移動を決断。

下浦沖に移動するとのこと

 

移動中は同船されていた某ロッドメーカのテスターの方と談笑

すごく気さくな方でした!

 

20分ほど走って私としては初の下浦沖

前日は棚90m前後でしたが

じゃーん

本日は水深120m、棚100~110m

手巻きの自分にとっては中々厳しい棚です。

そして初の2本針仕掛け

 

サイズは小さいが素直に掛かる、との事前情報と

水深を考えて1/2巻でしっかりしたシャクリを意識

 

パパっと割と早めに3本ほどキャッチ。

誘いはこれが正解なのかと思いきや

ここからアタリが止まります。

 

…うーん、なんだろう。。。

ここで周りを見回して…

 

ちょっと誘いを変えてみると

アタリがでました。

アジャストしてからは1投1本!

初めてパターンらしきにハマり

移動まで連続17本キャッチとなりました。

 

ラスト1時間

難しいが型が狙えるらしい観音崎沖に移動

船中、ポツっと取り込まれています。

指4本くらいかな。

 

私はアタリは取れましたがキャッチはできず。

3アタリのみ。

このポイントのタチウオはどうやったら掛かるのか

分からないまま沖上がりとなりました。

 

●釣果

20本

船中14~40本

竿頭さんのきっかり半分

ゲン担ぎのカツ丼がハーフサイズだったのが原因かも。

 

 

●振り返り

下浦沖

ビシッビシッと1/2巻でシッカリとシャクったら

全て上針で3本

その後しばらくアタらず。

周りで釣れている方はソフトな誘いをされている模様。

活性の高い個体が先に釣れて

残った魚はソフトな誘いが好みということか?

天秤を跳ねさせないようノソっノソっと1/3巻にチェンジしたら

直ぐに反応あり!

テンポを微調整してからは1投1本で連続キャッチ。

ほぼ下針に掛かるようになりました。

やっぱりアタリを出せると色々と手を考えられますねー

 

型狙いの観音崎沖では魚を掛けることができませんでした。

 

今回の釣行もドラゴン級に会うことはできず

周りがポツっと取れているのに取れないという

課題が残りましたが対策を考えて

次回の楽しみにしたいと思います。

 

●おまけ

下浦沖で手が合ってからは余りにポンポンかかるものだから

“単に高活性になったのでは!?”と

試しに誘いを元に戻してみたら一切アタリが無くなりました。

いやー、タチウオって面白いですね!(笑

 

3+