カワハギに目覚める!?

2月某日

 

夕飯の買い出し後に釣具屋に寄って物色していると…

視線の端からズンズンズンズンと私に突進してくる人がいます。

コワイ、だ、誰!?

ロックでしたw

あ、大船長も!いつもお世話になっております。

翌日、大船長の初釣りの買い出しにきたようです。

ご厚意で私も同船させていただくことになりました!

 

〇開始早々

ロックがウマヅラと良い型のカワハギをキャッチ

大船長も本命カワハギをキャッチ

私もレギュラーサイズを1枚キャッチ

これは高活性か!?

が…、私はここで根掛りさせてしまいました。

仕掛けを交換している間もポツポツあがっています。

仕掛け交換後、良いサイズと思われるカワハギを掛けましたが途中でポロリ

くぅ~

これにて朝の時合い終了

その後は沈黙が続きポイント移動

 

〇次のポイント

ありゃっ、風が大分強くなってきました。

大船長が良型のカレイをあげるも本命はなかなかきません。

自分は2時間ぶりくらいに1匹だけキャッチ

 

〇最初のポイントに戻る

更に風が強くなってきました。

ハードコンディションですがロックはコンスタントにアタリを出してキャッチしています。

自分は全くと言っていいほどアタリなし。

背中合わせで釣りをしていたのでロックがどんな釣り方をしているのかは良く分かりません。

ラインを流し気味にしているのは何となく分かりましたが…

 

ここでロックが助け舟

コンディションに合わせたアタリの出し方を教えてくれました。

なるほどー

 

ぎこちなく教えてもらった操作をしてみると

おおー、超久しぶりの当たり!

…が、この釣り方は掛けるのが難しい。

それでも何とか1枚キャッチ。

 

〇ありがとうございました。

そんな感じで沖上がりとなりました。

差は歴然、私は3枚。。。

ツ抜けのロック師匠とはトリプルオーバーの差

 

大船長、ロック、いつもながらありがとうございました。

うーん、カワハギ頑張って上手くなりたいです!

 

1+