使用後のルアーを干している棚をガサゴソしていたら

アルミ製?のハンドルノブが出てきた。

 

・・・なんだっけ?

悩むこと5秒くらい🤔

そうだ、思い出した。

 

ハンドルノブをカスタムしている人を見ると

おー上手いんだろうなあー、なんて思ってまして

「よしオレも見た目から!」なんて

たまたま見かけた中古のウルクスのノブを買ったのですが

それっきりだったのでした。😅

 

ウルクス MidAir 42

ダイワのLサイズのハンドルノブに装着可能

 

 

暇だしノブ交換でもやってみますか。

ということで犠牲?になったのはキャタリナ20H

 

 

事前にネットで事例を検索しましたが

キャタリナ20Hはノブ交換の情報がほとんどないです。😰

同じ形状と思われるソルティガZも情報が乏しい・・・

 

ま、上手くいかなければ戻せばいいか😐

 

上蓋を押さえているプレートを外します。

 

上蓋を外したところ。

上蓋は土台側にハマっています。

はめ込みの精度が高くて最初は一体型なのかと思った。😚

 

土台側中央のネジを外します。

これで純正ノブの取り外しは終わり。

 

純正はカラーが2つですね。

 

ウルクスMidAir42は3つのパーツに分かれています。

写真左側から

・シルバーの筒状のパーツA

・赤色のパーツB

・シルバーのフタ状のパーツC

・ハンドル軸をベアリングに通す

・ハンドル軸をAを通す

・ノブ側からAにベアリングを入れる

(Aの中でベアリングにハンドル軸を通します。Aは2つのベアリングで挟まれます)

・ノブ止めのネジでAとハンドル軸を固定する

・AをBに通す

・Cをコインなどで締めこむ(BはAとCで挟まれます)

 

完成の図

 

・・・うーん、微妙w

暇つぶしには良いと思います。😝

 

0